西丹沢に出没する
愛すべき人たち


一度でも話したことがある方の中から
独断で選んだ11人を紹介します

修正しすぎたかな? ファイターKさん

世附の日曜組の名物男といえば、この人。何しろ、スゴイ!
まずは釣りの腕、短時間でキチッと結果を出す能力は、天性のものと思われる。
釣りはそこそこに、いつもの宝探しが始まる。それは、黒かったり赤かったり、ニョロニョロしてたり丸まっていたり、縞模様だったり銭形模様だったり。そうです、彼の正体はスネークハンターなのです。
ヘビに噛まれて血を流していたとか、スズメバチに刺されて気分が悪くなったとか、シマヘビを刺身で食べて腹壊したとか、、、逸話には事欠かない。
マムシから青大将まで、いろんなヘビを食べ比べたとか。まさに、違いの分かる男である。
名前も知らないキノコや、おたまじゃくし、昆虫など、彼の前では珍味としか映らない?
いつか変なものを食って死んじゃうのではないかと、心の中ではみんな心配している。
友達になってもいいのだろうか、悩ませる男である。
聞くところによると、世附の林業関係の仕事に転職したとか。日曜日も仕事とかで、好きな釣りもできないようだが、自慢の体力で乗り切ってほしい。

(川崎市⇒世附在住)
 かなさん

ファイターKさんとのコンビといえば、この人である。
噂では、偉い教育者らしいが、渓流では大物を狙う一人のハンターと化す。
物腰の柔らかさからは理知的な雰囲気が漂うが、竿を握った瞬間から貪欲な狩人に変身するのだ。「世附の爆発オヤジ」と呼ばれる、ゆえんである。
一見すると、野性的なファイターKさんと気が合うようには思えないのだが、根底に流れるものは同じかもしれない。
今年、めでたく定年を迎えたというから、いよいよ釣り三昧が始まるのだろうか。
世附の尺ヤマメを求めて、いつまでも通ってほしい釣り師である。

(ぎり横浜市在住)
Kudouさん

山北生まれ、山北育ちのバリバリの地元釣り師
名著「丹沢物語」(碓井昭司著)に登場するNとは、彼のことである。
はるか昔、世附に車で入れた頃のダムでのキャンプの話など、うまい酒を飲みながら彼から興味ある話を聞くのが、私の大きな楽しみのひとつである。
その人柄の良さのために、一度会った人は必ずまた会いたくなる、そんな人だ。
野菜作りもプロ並みで、新鮮なものをいつもそっと置いていってくれる。最近では、みかんハウスや米作りも始めたとか。いずれは、専業農家か?
ガス関係の会社で、営業責任者とか。我が家の風呂も、驚く程の価格でやってくれた。助かります。
(山北町在住)
 さん

源流の必殺餌釣り師
体育会系出身で、脚力・体力・精神力はピカイチ
放流活動にも熱心で、その行動力から「鬼隊長」と呼ばれている?
2005シーズン、見事35センチを釣り上げ、世附を騒然とさせたのは記憶に新しい。
2006シーズンでも、尺抜き宣言し、見事に達成。それも、尺2匹というオマケつき。まさに、有言実行の人。
2007シーズン、昨年の怪我から復活、わずか2回目の釣行で31センチをゲット。まさに、必殺である。
一見、優しそうだが、奥に秘めた釣りへの情熱は並々ならぬものを感じる。
(川崎市在住)
 I先生

世附の重鎮
世附を知り尽くしている源流フライマン
運営しているHPには会員限定(自然を愛し、ルールを守れる釣り人のみ可)のコーナーがあり、源流の詳しい情報が紹介されている。
教育関係の仕事らしいが、最近は忙しくて渓流から足が遠ざかっている様子。
釣り人や漁協にも多くの人脈を持ち、放流活動も積極的に行っている、私が尊敬する釣り人です。
(小田原市在住)
 ホリさん

釣りだけでなく、渓流でおいしく食べるという自然の楽しみ方を知っている大人のフライマン&テンカラ師
運営するHP「渓飲渓食」は、自然への優しさに溢れている。
蜘蛛が大嫌いというところが、何だか親近感を感じてしまう。
最近、体調を崩し、心臓が一旦停止したようで心配したが、無事生還。よかったね!
たまにkudouさんと丹沢物語のUさんを加えた4人で飲むのだが、それはそれは楽しい話題ばかりで時間があっという間に過ぎてしまう。長くお付き合いしたい、そんな人物だ。
意外?にも、隠れた才能あり。渓流をテーマにした小説で、文壇デビューも近い?
残念ながら、北朝鮮の後継者には選ばれなかったようだ(人違い?)。
(藤沢市在住)
 K海さん

世附の土曜日、朝の4時組の中にこの人がいないことは、稀である。
それほど、世附を愛し、通い詰めているこの人にふさわしい称号は「皆勤賞男」だろうか。
駐車場にとまっているキャンピングカーは、仲間から「K海号」と名づけられ、冬は宴会の場所にもなっているとか。
若いころからバックパッカーで鍛えた脚力は、重い荷物を担いでも林道を走るようなスピードで歩くという噂。
知っている人は、敬意を込めて「鉄脚さん」と呼んでいる。
いつも温和な表情からは、理性に裏打ちされた大人の雰囲気が漂っている。
釣りの腕は定かではないが、一度荷物を全部持ってもらって、源流までご一緒したい、そんな人である。
仕事とか、個人的なことは全く知らないが、もしかしたらボッカをして暮らしているのかもしれない?(なわけないか)

(横浜市在住)
 Bossさん

世附の若きリーダー(ボス?)であるフライマン
運営するBBSはとても面白くて私もファンの一人であると同時に、貴重な情報源となっている。
ラグビーなど、かなりのスポーツマンで、山に関する知識も豊富。
フライの雑誌には投稿記事も載るほどの論客である。
最近では、キノコにも造詣が深く、別名「舞茸ハンター」と呼ばれている?
先日、横浜のパタゴニアで偶然お会いしたが、もしかすると店員なのかもしれない?
何しろカッコイイので、真似して同じメーカーのザックを買って少しでも近づこうと努力しているのだが、、、。
2007、解禁当初に仕事中にスピード違反で免停に。当分、渓流はオアズケらしい。サイトが更新されないのは、ちと寂しい。
2009、フライの雑誌に載った記事は、その素晴らしさで釣り人をうならせた。
(横浜市在住)
 さん

源流釣り師
現在世附に通う常連さんの中でも、おそらく1番長く釣りを続けているベテラン釣り師。
世附のあらゆる沢を隅々まで知っている情報量と世附を愛する姿勢は、誰にも負けないのでは。
サッカーで鍛えた体力に物を言わせ、源流の奥深くまで釣りまくっているだけでなく、釣りに来た日は必ず深夜まで飲みに出かけるという行動力は、常人の域を越えている。
土曜日の朝、いつも沢割りの指揮を執っていたのだが、最近、会社での地位が上がってしまい、日曜日しか釣りに行けないらしい。埼玉に単身赴任というが、相変わらず体力は相当なものだ。
私の高校の先輩に当り、かわいい後輩には秘密の沢をそっと教えてくれるのではと期待しているのだが。
(小田原市在住)
閉じる
 I会長

世附の重鎮・源流釣り師
学生時代から釣りを続けているという相当なキャリアの持ち主、2005シーズンだけで尺4本というのも納得。
車の免許を取るまでは谷峨から歩いて通っていたとか、中川から峠越しに大又沢へ入っていたとか、逸話は数知れず。
一見、怖そうだが、実はとても優しい紳士、特に初心者には親切だとの評判。
釣りまくるだけでなく、放流活動にも熱心に取り組んでいる姿は、後進の手本となっている。
言葉の端々に、釣りへの情熱と世附への愛情をひしひしと感じる。常連さんからの信頼も厚く、まとめ役=会長と呼ばれている。
最近は、悠々自適の生活とか。平日に釣りを楽しんでいられるらしい。
(秦野市在住)
 コバさん

源流の尺抜きハンター
数年前、頻繁にメールをくれる人がいて、仕掛けや餌などについて随分勉強させてもらった。
その熱心さ、詳しさに驚いたのだが、それが彼だった。
コンピュータ関係の仕事で、徹夜明けで釣りに来ることもあり、林道脇で寝ていて行き倒れと間違えられたとか?
最近では、その尺への熱意から「狂人」「デビル」との称号で呼ばれている。
2006、ついに結婚。これで釣行回数も減ると思った世附のヤマメも喜んだとか?
夏の厳しい時期に、何と35センチを仕留めたらしい。尺をいともたやすく釣り上げる秘訣って、何ですか?
2007、6月に何と50cmオーバーをゲット!ただしヤマメではなく、子どもが生まれたという話。いよいよパパですね、おめでとうございます!だが、その翌日にも釣りに行ったというから、デビル健在である?
世附のボードには、専用の磁石が用意されているらしい。彼が入った後は、しばらく入らない方が賢明である。
(横浜市在住)